読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おピヨの気まぐれ日記

ファッションやweb、子育てについての備忘録。2児のパパ。

27歳は人生やり直しの最後のチャンス

おはようございます。

先日、もー言い訳の効かない年齢である27歳になってしまいました。

恵まれた事に妻と子供達からは、こんなに素晴らしいプレゼントをいただきました。

靴ボロボロだったもんね。 本当にありがとう。

今日は27歳を迎えてしまった僕の、1年の振り返りと今年1年についてです。

26歳振り返り

去年こんなカッコイイ事を高らかに宣言していた訳ですが、30歳まで後3年。 opiyotan.hatenablog.com

また同じ事を1年間繰り返してしまいました。

僕は何て無駄な時間を過ごしてしまったのでしょうか。

何一つ叶えようともせず日々時間ばかりが過ぎるだけ。

目の前の仕事を淡々とこなすも、これといった努力はしない。

家に帰れば勉強しないとと意識ばかりは高いも寝てしまう。

朝になって何もしてない自分に怒りを覚えて不機嫌になる。

気づけば1年が経っておりました。 何をしてるんだ。どこまで自分はカスなんだろうか。

例えば、これ。

  • ブログで月3万円得る

出来るだけ毎日更新しようと思いスタートした記憶がありますが、

  • こんなデザインじゃ嫌だと思い、デザインに手を付け始める
  • URLを適切に設定しないとSEOに良くないと何かをきっかけに知り全ての記事に手を入れるも中途半端に変更行ったので検索結果から記事へアクセスするとリダイレクトされず「記事が見つかりません」となりアクセス数が日に日に落ちていく。

こんな感じで、先ずは「ブログを書くこと」を習慣化しようと思い始めたはずなのに目的からどんどん逸れる日々。 最終的には何を書けば良いか分からなくなり全く更新しないようになりました。

他にも

  • TOIEC 600点

形ばかり気にして何もしないのが特徴の僕です。

  • 勉強法について調べるだけ調べて参考書を購入も一周読んで満足
  • Podcastで英語関係のものをインストールして聞くも全然聞き取れず挫折
  • 海外ドラマが勉強になる聞き「ゴシップガール」を購入するも、これまた全然聞き取れず挫折

ヒドイですね。 ただ、唯一良かったな思う点は「こんなこと、あんなこと出来るようになりたい。やってみたい」と書き出したことで行動するきっかけを作れたことは事実かなと。 今までの僕であれば本当に何もしなかっただろうから、この一歩は大きなと。

なので僕は誕生日である8月4日。

人生再スタートのきっかけ作りに新しい一歩を踏み出してきました。

27歳の始まり

27歳が始まる8月4日に資格を取りに行ってきました。

  • Ruby技術者認定試験 version2.1 Silver

8月3日に受けようと思ったのですが、自分にプレッシャーを与えるためにあえて誕生日に受験してきました。 受ければ最高の1年の始まりとなるし、落ちれば最悪の1年の始まり。

結果は、無事合格することができました。

75点以上が合格ラインで、僕は82点でした。 ギリギリですね。

Ruby技術者認定試験については、また改めて記事を書きたいと思います。

また、これ以外にも少しづつですがやり始めたことがあります。

  • タスク管理
  • 目標設定

これらは、日々の習慣として毎日やっています。

まだまだ試行錯誤中ですが何もしない日々に比べたらはるかに充実した1日を過ごせるようになったと感じています。

今までの生活でダメだったポイントは

  • 目標に対して1日で達成できるレベルまで落とし込めていない
  • 目標を毎日見ることが無いため、やることを忘れてしまう

目標を意識しない → 何をすれば良いか分からない → 今日は何しようかな〜ってなる → やらない

日々目標を意識するだけでも全然違うので継続してやっていきたいと思います。

具体的にやっていることは改めて記事を書きたいと思います。

27歳の覚悟

では、最後に今年1年の目標を宣言して終わりたいと思います。

  • Rubyゴールド
  • Railsシルバー
  • webライディング技能士
  • web解析士
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • 人間力を磨く
  • webサービス作る
  • 家族との時間を大切に過ごす
  • 長男が泳げるようになりますように
  • 長女がピアノに嫌がらず通ってくれますように
  • 長女が無事に幼稚園行けますように

一つ一つを日々意識して、毎日実現可能なレベルまで落とし込む。 時間は待ってくれないので、時間を作り行動する。

そうやって日々生きる事が自分変える事に繋がると信じて頑張っていきたいと思います。